2012年08月09日

絵を早く描く

30秒ドローイング
http://www.posemaniacs.com/blog/thirtysecond

20.jpg

早描・訓練
知る人ぞ知る速描訓練アプリ。30秒で次々と切り替わる筋肉モデルを早描きで完成させていきます。
細かいところに注意して描いているととても間に合わないので、必然的に全体を見て最小限の線で描くようになります。
BGMは歌詞のあるものだと左脳(言語脳)が働いてしまい、このトレーニングの目的である「右脳優位」の妨げになるので、曲をかけるなら作業に集中出来るような静かで歌詞の無いものが良いです。

自律神経にやさしい音楽
θ波 潜在脳力開発 Psychofeedback Music  (こちらは残念ながら廃盤のようです)

私が聴いていて集中出来たBGMです。
個人差があるので絶対このBGMで集中出来ると言う訳ではありませんが、やっぱり好きな歌手の歌詞有りのBGMだと気が散って集中出来ませんでした(;;



あつまれ!おえかきの森
http://casual.hangame.co.jp/oekaki/

21.jpg

早描・ゲーム
出されるお題にそって絵を描き、描き手以外の参加者が何の絵なのか当てるゲーム。
かなり難解なお題もあり、描くスピードや柔軟な頭、インスピレーションが大事です…が、そんな難しく考える必要はありません。
上達に直接繋がるわけではありませんが、絵の上手い下手関係なく友達とわいわい楽しく絵を描いて遊べるゲームです。
(遊ぶにはハンゲームへのログインが必要です)





早く描く為にはやはり描きたいもの(人体など)の構造をしっかり理解する事が大事ですが、練習方法として「ボールペンやサインペンなどの一度描いたら消せない線で、時間を決めて短時間で一気に描き上げる」方法がオススメです。

消しゴムがあるとついつい気に入らないところを描いたり消したりして時間がかかりますが、ペンだと消せないのでとりあえず最後まで仕上げてしまいましょう。
完成したらどこが悪いのか自分で検証し、次はそこに気をつけながらまた一気に描いてしまいます。
短時間で仕上げるので細部に懲りすぎて途中で力尽きる事も減り、数を描けるので成長の軌跡が分かりやすくモチベに繋がります。

短時間で対象物の特徴を捉える訓練として、クロッキーを自らの技量を維持する為に定期的に続けているプロ作家も多いそうです。(参考:ピクシブ百科事典−クロッキー)


タグ:ミニゲーム
【ミニゲームの最新記事】
posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | ミニゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。