2012年08月25日

無料ペイントツール紹介

無料ソフト


GIMP
http://www.gimp.org/

フリーの高性能グラフィック編集ソフト。
レイヤー、画像の拡大縮小、切り抜き、パス、グラデーション、パターン、テキスト、回転、反転、マスク、様々なブラシ、色調補正、エフェクト、スクリプトなど、これ1本でほとんどの画像編集が行える。



AzPainter
http://hp.vector.co.jp/authors/VA033749/

使いやすさを重視した軽さが魅力のペイントソフト。デジタル初心者にオススメ。
線画に特化したAzDrawingや後継のAzPainter2も存在する。
AzPainter2ではPSDファイルの読み込み&保存が可能となり、筆圧感知にも対応。
Windows版の開発は2011/11/22 に終了しているが、DLは可能。



Pixia
http://www.pixia.jp/

筆圧感知、テキスト、レイヤー、グラデーション、トーン、マスク、ベジェ曲線、色調補正など様々な機能を有する高性能グラフィックツール。CMYKは扱えない。
有志によってフィルタやプラグインが作成、公開されており、現在もバージョンアップが行われている。



Artweaver
http://www.artweaver.de/home-en/

ドイツのアナログのような塗りが可能なペイントソフト。有志による日本語化パッチが存在。
AdobeのPainterに似ており、油絵風の厚塗りが得意で、ブラシの種類が豊富。
有料版のArtweaver PlusではPhotoshopと互換性のあるフィルターの読み込みやメニュー・ブラシ・フィルターのカスタマイズが可能。



ゆめいろえのぐ
http://kengolab.net/

絵の具で絵を描く感覚をリアルに味わう事が出来るアナログ風味なペイントソフト。
パレットで色を混ぜ合わせたり、筆に含ませる水分量を変えたり、引き伸ばして描くと筆の絵の具量が減りかすれてしまうなど、実際の水彩画のような書き味が楽しめる。


posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | デジタルで描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。