2012年09月16日

とほほなパソコン購入失敗談

とりあえずは「デジタルで描く」のパソコンについてのお話はこれで終わり。

今後またお絵描きに適したオススメのハード・ソフトが出れば更新しようと思います。

お絵描き初心者はもとよりパソコン初心者にも分かるように書こうとしたらついつい長い文章になってしまいました(´`;

お役に立てれば幸い!



内容は私自身の体験、知り合いの体験、ネットの評判を基にしています。

BTOパソコンショップ紹介初心者オススメ度の基準にした事は、商品の品質サポートの質です。

特に初心者にとってサポートが良いか悪いかは死活問題です。



私の初代PCは今は亡きSOTEC

当時のスペックは今と比べたらゴミみたいなものだけど、それでも線画をスキャンして、何度もフリーズさせながらPhotoshopを使ってマウスで絵を描いてました。

10年は経ってると思うんですが、実は今でも動くこのPC・・・でも使い物になりません。

ギリでネットが動くかどうかの骨董品(;;



2005年、知り合いにBTOショップ(D社)でゲームも出来るPCを見繕ってもらい2代目購入。

ちなみにこの時点の私はPC初心者もいいとこでした。

2代目を購入した3ヵ月後、そのPCでゲームをやっていたところ突如としてブルークスリーン(ブルスク)発生。

今思うにあれは電源容量不足が原因の不具合でした。

元から電源容量が足りない構成だったのです。

が、PC初心者がそれに気付くはずもなく・・・(;;


1年間の基本保証期間内だったので無料で修理をしてもらえましたが、サポートからの途中経過をお知らせする電話はなかなかアレなものでした。

電話越しに専門用語を連発される為初心者には内容がよく理解出来ず、最初から雑な感じだったサポートの人の話し方はどんどんエスカレートして明らかに怒ってイライラしているのが伝わってきました。

専門用語だけで焦っているところにイライラをぶつけるような対応をされ、正直結構こたえました(´`;


まあ当時はPCに詳しくなければBTOは使うなというレベルでしたから仕方ないところもありますが。

現在はあまりPCに詳しくない人も手軽に注文出来るように、懇切丁寧なサポートを心がけたり、初心者向けの解説ページを作っているBTOショップもあるので、良いお店を選べば安心していいと思います。



2代目が修理から返ってきて、次の年の夏

購入から1年半経った頃でした。


また突然のブルスク、そして強制終了

それから電源を入れ直しても、すぐまた強制終了してしまう。

PCの蓋を開け、中を覗いてみると、

46.jpg

グラフィックボードについている扇風機(ファン)が斜めになっているのが分かると思います。

熱でファンの支柱が折れ、ファンが全く回らない状態になっていたのです。


折れるまでは早々いかないとおもいますが(笑)、夏場はPCが熱くなり熱暴走を起こしてブルスク強制終了はありがちなトラブルです。

ゲームをするなら尚の事!

回避策は質の良いファンをつけたり、PCの蓋を開けて横から扇風機を当てたり、ファンコントロールソフトを導入したり、こまめにPC内の埃を取って掃除したり、エアフローの良いケースにしたり、エアコンが効いていないなら夏場の昼間はPCをつけないようにするなど。



今でなら原因も回避策もそこそこ分かりますが、あの頃は全然で・・・、しかも購入から1年を過ぎていたので基本保証が受けられません。

このまま修理に出すと何万と取られてしまうので、スペックUPもかねて新PCを購入する事に。



2007年、またまたD社でゲーム用パソコンの3代目を購入。

何故またD社かと言うと、他にどんなBTOショップがあるのか知らなかったのもあるし、サイトでお勧め商品が分かりやすかったんですよね。

分かりやすいものに惹かれる、知らないところは怖くて手が出せない、自信の無い初心者にはありがちかと。


でも今度はちょっと成長して、評判の良いグラボと、電源の容量もちゃんとアップさせて注文したんですよ!


そしてそれから2年目2009年、PCが起動しなくなった。

2代目PCでPC音痴はデフォルトの基本保証1年のみではアカン!と学習し、今度は延長3年保証をつけていたのでセーフ!

無料修理してもらえました。

どうやらHDDのSATAケーブルが接続不良だった模様。



修理から返ってきて無事起動するようにはなったのですが・・・返ってきてからしばらくして、電源付近からブンブンブンブンブンブンブンブブブブブブブブブブブブ!!ととんでもない轟音がするようになりました(;;

PCが止まってしまう、という事は無かったんですが、音が大きくて怖くて、もう何事かと。

サポートに連絡しても、接続が悪いとか電圧が安定してないとか周辺機器が原因だとか言われて、出来る事は全て試してみたけど改善せず。


どうやら電源ファンの軸がずれたようで。

しかし必ず轟音がするというわけではなく、鳴る時と鳴らない時があり、何故か寒いと高確率で轟音がするというよく分からない状態に。

修理に出したとしても不具合の再現性が取れなければ「異常無し」として返されてしまうので修理に出すまではいかず。


あと夏を越える為にZALMAN製の立派なファンをグラフィックボードに取り付けていたので修理に出す事が出来なかった(パーツを増設していると保証対象外になる場合がある)。

おかげで夏はグラボの温度が上がらず無事に乗り越えられましたが。



そのまま延長保障期間の3年が過ぎ、2011年、いい加減電源の轟音も怖いので4代目PCを購入する事に。

3代目PCはまだ問題なく動いていた為サブPCに。

4代目を購入し数ヶ月経った頃、3代目から電源の異常を知らせるビープ音が鳴り出し不安定になった為、グラボの壊れた2代目の電源を引っこ抜き、3代目の電源と入れ替えたので今も3代目は現役です。(電源容量が微妙なのであまり負荷はかけられませんが)



4代目を購入する時はD社と別のBTOショップで構成の候補を挙げていました。

しかしPCに詳しい友人に見せると「電源容量は足りていても質が悪い。このマザボ(マザーボード)の質も良くない」とバッサリ。

今まで製品名だけ気にして調べていたけど、メーカーによってパーツの安定性や品質などに細かいけど重要な違いがあると。


その友人と相談し、最終的になかなか品質の良いパーツを取り扱っているというT社のPCに決定しました。

パーツの事もなんとなく分かったつもりでしたが、メーカーによる品質の違いまでは気付きませんでした。



そこまで調べてもらい、5年保証にも入った4代目PCはもう安泰だ!と思っていたら、その直後、

Intel 6シリーズチップセットに不具合。Intel,出荷を停止しリコールへ

最新チップセットにまさかの不具合発生、販売期間たったの1カ月、そこにどんぴしゃぶち当たった私の4代目PC・・・orz (とてもレアケースだそうです)

それから2ヵ月後、ようやくMyPCの回収交換の順番が回ってきて、現在は正常なチップセットです(´`;



知り合いはDE社で購入したPCを修理に出したら「パーツの在庫が無いから」と中国の山奥までパーツを取りに行かれ、1カ月ほど待っても修理が終わらないので催促したら、ようやく帰ってきたと。

サポートセンターもカタコトだそうな(="=;





PCは絶対壊れるものですから、初心者は延長保証に入りましょう。

あとはサポートが良いところを選びましょう。

サポートがダントツに良いのはエプソンダイレクトで間違いないです(1日修理や初心者にも親切丁寧な対応)。

しかし何分高いし、欲しいパーツが搭載されてなかったりするのが悩みどころなんですがね。



皆様のパソコンの健康を願って、以上、とほほなパソコン日記でした!


posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。