2012年11月10日

髪がかかっている線画を半透明にする・透かす

最近の絵柄はなんと言っても透明感が大事。

透明感の演出にもいろいろありますが、今回はよく使われている仕上げ段階での顔周りの処理を紹介。



1.髪がかかっている線画を半透明にする・透かす
2.前髪(顔にかかっている髪)に肌色を乗せる
3.レイヤーマスクを使って目にかかった髪を透かす





髪がかかっている線画を半透明にする・透かす


イラストを描く時、普通は線画レイヤーを上に、塗りレイヤーを下にすると思います。

すると目の端などに髪にかかった時、困った事が。

207.jpg

髪より目が奥にあるはずなのに、このままだと髪の上に目の端が飛び出したようになってしまいます。(左図)

自然にしようと目の線画レイヤー髪の塗りレイヤーの下に移動し、目を髪で覆ってしまうと、折角描いた表情が見えなくなる事もしばしば。(右図)


そのどちらも回避し、更に透明感を出す方法として、髪のかかった部分の線画を半透明にする描き方があります。

最近のイラストではよく見る描き方ですね。


髪のかかった部分の線画を色トレスして髪の色で塗ってもそれらしく見えますが、線画にかかった髪の色が1色でない場合はちょっと面倒。

そこで簡単に線画を透けさせる方法。



髪全体を選択する

208.jpg

髪全体を選択する為に、髪の下地レイヤーのサムネイル部分Ctrl+クリックします。

すると髪全体が選択されました。



透かしたい線画部分を分割する

209.jpg

髪全体を選択したまま、透かしたい線画(ここでは「まつげ」)レイヤーを選び、「編集」→「切り取り」します。

(「髪」と「顔のパーツ」の線画レイヤーは分けて作った方が作業しやすいのでオススメです。)


そしてすぐさま「編集」→「貼り付け」をします。

210.jpg

髪の選択範囲に入っていた線画部分が「切り取り」され一旦なくなっていましたが、「貼り付け」する事で別の新しいレイヤーとして戻ってきました。

これで透かしたい線画部分の分割完了です。



不透明度を調整する


あとはお好みで、分割した透かしたい部分のレイヤーの不透明度を調整すればOKです。

今回は40%にしました。

目の端だけではなく、眉毛の線画部分も同じ要領で分割し、不透明度を調整して透かしました。

211.jpg

これで髪がかかっている部分の線画を綺麗に透かす事が出来ました。



ポイントは線画が被っている部分の髪も綺麗に塗る事です。

邪魔な線画部分は一旦非表示にするなどして、全体をばっちり塗っておきましょう。


posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | 流行の絵柄で描く(2012) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。