2012年11月17日

最近のイラストの「目」の特徴

ポイントは透明感


今回は最近よく見られるイラストの目の傾向について。

流行のイラストの特徴は、線画でも塗りでもやはり透明感が大きなポイントになっています。

229.jpg

3タイプの目を描きました。

この中で一番古く見えるのはどれでしょう。



絶対ダメと言うわけではありませんが、1番は今流行りの描き方とは違うものになります。


それぞれ特徴を見ていきます。





1.くっきり目

228.jpg

・黒一色のくっきりはっきりしたまつ毛
・黒一色のくっきりとした瞳の影
・大きなハイライト
・上を向いた三日月形の明るい部分



特徴はその存在感。

コントラストが強く、まつ毛やハイライト全てがくっきりはっきり主張しています。

現在流行の繊細さや透明感は感じにくいです。





2.描き込み目

227.jpg

・カラーのまつ毛
・瞳上部の反射光
・瞳下部の下を向いた半月状の照り返し
・オーバーレイ・発光・スクリーンを多用
・小さなハイライト
・色の薄い瞳孔
・まつ毛端の色合い



最近よく見る表現です。

複数のレイヤーモードを使いハイライト入れ、瞳部分にもたくさん描き込みをしていますが、コントラストを押さえてあるのでくっきりはっきりとまではいかず、繊細さが保たれています。

真っ黒にしてしまうと主張が強くなりすぎる瞳孔部分も色が薄く、まつ毛は輪郭線だけはっきりとし、輪郭の中は髪の色と同様である場合が多いです。

更にまつ毛の端には肌色や赤みの強い肌色を乗せ、肌とまつ毛が馴染むようにしてあります。





3.あっさり目

226.jpg

・カラーのまつ毛
・目全体にかかる水彩境界付きのざっくりとした影
・小さな瞳孔
・小さなハイライト
・瞳下部の下を向いた半月状の照り返し



こちらも最近よく見る表現です。

あっさりとした水彩筆塗りに合います。

全体の淡いあっさりとした塗りを壊さないよう、こちらもまつ毛の色は薄めです。

塗り自体はシンプルで、軽くグラデーションがある程度。

ざっくりとした影の上部を薄くすると、目玉の球体感が出るのでなおグッド。





最近よく見る23に共通する部分は、

つるっとした球体感
瞳下部の下を向いた半月状の照り返し
存在感の薄い目の下の輪郭(または無い)
小さなハイライト

繊細さ・透明感はいわずもがな。



2は瞳を描き込んだ後、エアブラシで瞳上部に淡いハイライトをぶわっと入れると目玉の球体感が一気に出ます。

3は上でも言ったように、大きな影部分の上部を薄くしてやると反射光っぽくなり、球体感が出ます。



瞳下部の下を向いた半月上の明るい部分は最近のアニメやイラストでよく見られる表現です。

リアルに考えるとおかしく思えますが、立体感の演出の為に下からの反射光を記号化したものでしょう。



目の下の輪郭、下まつ毛部分が薄いのも、目力を強調し過ぎないためだと思います。



最近のイラストはハイライト部分が小さいのも特徴です。

白く大きなハイライトがあると目の印象が強く大胆になってしまう為、自然なサイズの小さなハイライトの場合が多いです。

その代わり淡い自然な色のグラデーションやハイライトで光と影、立体感、透明感はしっかり演出されています。



京アニの「中二病でも恋がしたい!」は瞳上部のハイライトのそばが黒く描かれています

あの表現もつるつるした宝石のようで綺麗ですね。





大きさについて


萌えと最近のイラストの「鼻」の特徴」で可愛い萌えイラストは幼い子供の顔の特徴を持っていると書きました。

幼い子供は体が小さいので顔や目の輪郭は小さいのですが、目玉の大きさ自体は成人とそう変わりません。

なので目の輪郭に対して大きな瞳に見えます。

一般的に「子供=大きな目」といった感覚なので「可愛い=大きな目」で良いのですが、最近は少しだけ目が小さくなってきたようです。

と言っても、大き過ぎないというだけで、現実と比べれば充分に大きいです。

シンプルにしても美しいところはどんどんシンプルになり(鼻の「点」表現や髪の「きしめん化」)、飛びぬけて目立つ不自然な部分は抑えて、自然で落ち着いた雰囲気に仕上げたものが増えてきた印象です。



また通常目と目の間は目1個分の幅ですが、最近は目が離れ気味のイラストも流行りのようです。

幼い赤ちゃんは目が若干離れているのでその流れなのかもしれません。





目はイラストを描く時最も力を入れるポイントの一つで、その描き方で個性も大きく発揮されます。

楽しんで描いて、あなただけのイラストに命を吹き込んであげてくださいね!



※流行の絵柄の特徴です。あくまで流行であって、これが絶対ではありません。


posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | 流行の絵柄で描く(2012) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。