2012年11月23日

「Adjustment」カメラ、色合い、サイズを調整する

前回紹介した無料フラクタル生成ソフト「Apophysis 7x」のカメラの調整方法について。


258.jpg


Apophysis 7xウインドウ上部にあるペンで書き込んでいるアイコン「Adjustment」を押して調整ウインドウを開きます。





カメラを調整する


@Camera


248.jpg

Zoom:画面を拡大縮小します。
X-Position:カメラを横軸移動させます。
Y-Position:カメラを縦軸移動させます。
Rotation:画面を回転させます。





レンダリングを調整する


ARendering


249.jpg

Gamma:ガンマ値、画面の明るさを調整します。


250.jpg

Brightness:輝度を調整します。


251.jpg

Vibrancy:鮮やかさ、彩度を調整します。





グラデーションを調整する


BGradient


252.jpg

Preset:数多くのグラデーションの中から好きな色合いのものを選ぶことができます。


253.jpg
254.jpg

Rotate:グラデーションのスライダーを動かし、色合いを変えることができます。





画像サイズを変更する


CImage size


255.jpg

a:画像サイズを選びます。
Maintain aspect ratio:チェックを入れると縦横比を維持したままサイズを変更します。

b:右側のフロッピーアイコンを押すことでaで指定したサイズを保存し、適用します。
左側のボタンを押すとそのサイズが適用されます。

c:チェックを入れたままサイズを変更すると、変更された画像サイズに合わせてウインドウサイズも拡大縮小されます。
Apply」を押すと、その場でResize Main Windowのチェック内容が適用されます。





曲線を調整する


DCurves


256.jpg

トーンカーブのようなもので、「Overall」「red」「Green」「Blue」の調整が出来ます。
曲線を下げると選んだ色が弱くなり、上げると強くなります。
Resetを押すと全て元に戻ります。





3D機能を調整する


257.jpg


Depth Blur:ブラーをかけます。0はブラー無し、数値が大きいほどブラーがかかります。
Pitch:傾きを変更します。90で真横から、180で裏からの視点になります。
Yaw:視点の方向を左右に変更します。
Height:視点の高さを変更します。
Perspective:遠近感を調整します。
Scale:スケールを変更します。

右上の矢印「←Undo」は1段階戻る、「Redo→」は1段階進むで、変更をやり直すことができます。


posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | お絵描きソフトの使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。