2014年12月18日

筆文字完全再現!ExpresiiLite

まるで書道のような筆文字が書けるデジタル水彩ペインティングソフト「Expresii Lite」が無料で公開されています。






文字だけではなく筆のタッチを生かした水墨画のような絵を描くことも可能です。

導入方法など詳細は以下の通り。




DL・インストール方法

483.jpg


公式サイトのこちらのページ( http://www.expresii.com/blog/expresii-lite-preview-available )より、「Download Installer」をクリックし、zipファイルを任意の場所へ保存。

zipファイルを解凍し、「Expresii_LITE_setup」をダブルクリック。

インストール中に利用する言語 → 日本語
使用許諾契約書の同意 → 同意する
インストール先の指定 → 任意の場所へ


次へ」で進み、「インストール」ボタンを押せばインストールの完了。




プレビュー版で遊ぶ


次にライセンス登録の説明ですが、登録せずともプレビュー版で遊ぶことができます。

プレビュー版はいつか期限切れになるとのことですが、いつかは明記されていません。

ライセンスを登録すると「作業データの保存」「透明データを含むPNG・BMPでのエクスポート」が可能になります。

ライセンス登録メールアドレスのみで、0円で可能です。寄付したい場合はそれも可能です。



起動後、最初に出てくる「Welcome画面」はとりあえず「Close」で構いません。

その後に出てくる「Thank you for trying Expresii!」画面で、ライセンス登録を後回しにする場合は「Register Later」を選択します。

ライセンス登録は後からでも可能です。

484.jpg

筆の設定や色の設定は大体アイコンの見たままで調整できると思います。


筆の設定では「使う筆の選択」「太さ」「筆の柔らかさ」「ストロークor霧吹き状」などの設定ができます。

色の設定では「色の選択」「水分量の調整」ができます。


Expresii Lite」では色は単色のみのようです。

現在クローズβテスト中の「Expresii」ではグラデーションなどの多彩な表現ができるようなので期待です。



ペンタブレット推奨のソフトで、ペンの傾きを検出し再現します。

デジタル習字は習ってないので文字を書くのは左利きには少々難易度が高いです( ゙'ω゙` )





ライセンス登録をする

485.jpg

save」を試みると「ライセンス登録をしないとできないよ」と言われます。

ライセンス登録する場合は左側の「Unlock」を選択してください。

486.jpg

するとこういうウインドウが現れますので、「Step 1」の「Get Key」ボタンを押します。


487.jpg

開いたページにて「これが欲しいです!」してください。


488.jpg

振り込み画面が現れますので、ちゃんと使えるあなたのメールアドレスを入力してください。

そして右下の金額のところに「0」と入力し、「手に入れる」を押してください。


489.jpg

上手くできたら「ありがとうございます!」画面にライセンスが表示されているので、コピーして先ほどのウインドウの「Stap 2」「License Key」部分に貼り付けてください。

登録したメールアドレスにもライセンスキーがきているので、それをコピペしてもOKです。

ライセンスキーを入力したら、その下の「Your Name」に適当に名前を入れてください。

入力したら、その下の「Send」ボタンを押します。


490.jpg

登録したメールアドレスに「Registration Code(登録コード)」が届いているので、「Step 3」「Reg. Code」部分にコピペで貼り付けます。

Done」を押してライセンス登録の完了です。





データを書き出す

作成した作業データを保存する場合は左上のフロッピーマークを押してSaveするか、「App Menu」の右側「」を選択し「Save」ボタンを押せばOKです。
(そういや今の若い子はフロッピーディスクを知らないのでは)


画像データとして書き出す場合は「App Menu」のフロッピーSaveマーク横の「▼」を押し、「Export Snapshot...」をクリックしてください。

492.jpg

スライダーを動かして書き出す画像のサイズを決めます。

Alpha Channel」にチェックを入れると描画部分以外は透明データとして書き出されます。


491.jpg

保存場所」と「ファイル名」、それから「png」で保存するか「bmp」で保存するか選びます。

普通は「png」でOKです。


493.jpg

画像データとしてエクスポートしたものは「Photoshop」や「SAI」などの他のソフトで開けます。

この画像はExpresii Liteで作成した筆絵データの下にレイヤーを作り、そのレイヤーを黒で塗りつぶしたもの。

Alpha Channel」にチェックを入れているので白い部分が透明になっています。





なかなか癖のある筆なので思った通りの線やイラストを書くには練習がいるかもしれませんが、自然で味のあるかすれ具合や他のソフトの毛筆ブラシ顔負けのアナログ再現っぷりは素晴らしいの一言です!

年賀状の干支ロゴ作成や水墨画風のイラストの線画に大いに威力を発揮してくれそうです。


日本語版ホットキーリストはこちらで紹介されています ↓
https://docs.google.com/document/d/1ncacfy6x1VwkEJx5mc19VjxtzRLPlS8S1zD8U_sZboA/edit


posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | お絵描きソフトの使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。