2012年08月11日

私が絵を描く事を嫌いになった理由

初心者応援!絵描くネットを立ち上げてそろそろ1カ月。

現在は、私が再び絵を描くようになって『もっと早く知りたかった』と思った情報を中心に更新しています。

検索で来られる方もちらほら出てきて有難いのですが、検索ワードを見ると「絵を描くのが楽しくない」といったワードでこのサイトに辿り着いた方もいて、少々気になりました。


絵が上手くなるには(気持ち)」でそういう方向けに少しアドバイスをしましたが、なかなか簡単にはいきませんよね。

思い出してみると私も絵を描くのが嫌でどうしようもなかった時があり、それはすぐに回復するものではありませんでした。


今回は私が絵を描く事に対してどんな気持ちで向き合ってきたかを書いてみたいと思います。

面白い話ではないので気になる方だけ続きをどうぞ。




続きを読む
posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月12日

私が絵を描く事を好きになった理由

高校を卒業した私は絵とは全く関係の無い人生を歩みます。


嫌な記憶を忘れるように、あんなに好きだった漫画やアニメも全く見なくなりました。

絵も全然描かなくなり、稀に『それでも私には絵しかない』と過去の情熱にすがって無理やりにでも描こうとすると、頭の中がカーッ!となって、鉛筆を投げつけて苦しみもがく羽目になり、とてもまともに絵を描く事なんて出来ませんでした。

しかし私の出身校を知った人達は「絵が描けるんだ!今度○○描いてよ!」と口を揃えて言いました。

私は苦笑いで適当に誤魔化すだけ。


いつからだったか、私が好きな絵を描かなくなったのは。

漫画やアニメが大好きで、既存のキャラクターを模写したり、オリジナルキャラクターを作って設定をいろいろ考えたり。

他人の目や世間の「漫画は低俗、漫画絵を描くのはオタク」と言う思い込みに洗脳され、そう思われないように、バレないように、なるだけ周りに合わせて無難に無難に装って、好きだけど好きじゃない真面目な絵を描くようになって。

ある時私の経歴を知った人が、コンテストに投稿された絵を指しながら「こんな絵(漫画絵)より君が描いた方が入賞する!絶対!」と言いました。

喜ばせようとしたのかもしれませんが、その言葉を聞いて私は表では苦笑い、腹の中では激怒していました。

私がどんな絵を描くか見た事もないくせに!好きな絵を伸び伸び描いている人を悪く言うな!この人の絵の方がよっぽど作品に愛情感じるわ!お前にそれを馬鹿にする権利があるのか!

私が描きたくても描けなかった絵が、憎らしくも愛おしい。世間体にかき回されつつも、やっぱり大好き。

頭の中はぐちゃぐちゃで自分でも訳が分かりません。

世間体など気にせず自分の好きな絵を描き続けていたら、意外に同じ趣味の知り合いが出来て楽しい時間を過ごせたのかもしれません。


それから5年以上、私は一切絵を描きませんでした。



状況が変わったのはその後。

もうあんなに大きかったペンダコも薄れ、絵を全く描かないので真っ直ぐな線を引く事も出来なくなり、画材なんてどこで干からびているのか皆目検討がつかなくなった頃。


とあるSNSに参加していたのですが、そこでとても上手くて可愛い絵をアップしている人がいたんです。

あまり可愛い絵が好みではなかったのですが、何度見ても、上手い。可愛い。

捻くれていた私はその人の絵がアップされる度につい粗探しをしてしまうのですが…やっぱり可愛い。

(多分「」と言うやつだったんだと思います(´`;


ある時、その人のイラスト日記にコメントをしてみました。

腹の中のドロドロしたものは隠して、「毎回アップされるのを楽しみにしてます! 可愛い絵ですね。私には真似できません。凄いです!」と。

するとその人は驕りも謙遜もせずに、「ありがとうございますv ○○をXXXXしたら可愛い!と思って頑張って描きました! そう言って貰えて嬉しいです^^」と、気さくに返事をくれました。

心のどこかで自分には手の届かないレベルの人だと思っていたけど、初コメの私にも普通に接してくれて、何より本当に作品を好きで、楽しんで描いているんだという事が伝わってきて、何か震えるものがありました。



そのSNSにはその可愛い絵を描く人以外にも絵を描く人が何人かいて、アップされては賞賛される彼らの絵を見る度に何か湧き出てくるものがありました。

何かムラムラ…、くそー、私も描けるんだぞ、見てろ、ぎゃふんと言わせてやる。

久しぶりに絵を描きたいような気持ちと、闘争心が湧いてきました。


でも5年以上絵を描いていない私が思うように絵を描けるはずもなく。

PCで絵を描く事もほとんどなかったのでコピー用紙に描いた線画をスキャナで取り込んで(知識も何もなかったのでゴミだらけ)Photoshopでベタベタ色塗り。

満足のいく出来だったかというと微妙なところですが、久しぶりに精一杯、なんだか楽しく描けた気がしました。


ドキドキ緊張で吐きそうになりながらSNSにアップし、1日経ってからまた見てみると、思ってもみない数のコメントを頂いていました。

お絵描きをするユーザーからのコメント、フレンドのコメント、通りすがりの人の揚げ足取り、いろんなコメントがありましたが、とても驚き、なんだかとても嬉しかったのを覚えています。


それからはちょくちょくイラストを描くようになり、アップしては「ここが上手くいかない」と日記に付け足して感想を書き、先輩お絵描きユーザーからアドバイスを貰い、アドバイスを精力的に実践していく日々。

練習の題材になってくれとフレンドにお願いし、フレンドのプロフィール画像を描く事もしました。

他人にあげるものなので必死です。 手抜き無しで分からないところは調べまくって頑張りました。



いつの間にか、絵を描いている時間が楽しくて楽しくて仕方なくなっていました。

世界のいろんなものに興味が湧いてきました。

あれも良い!あれも素敵!あれはどうやってるんだろう!

全く見る事のなくなっていたアニメも見るようになりました。

アニメと言えば日曜朝か夕方枠だと思っていたけど、いつの間にか深夜アニメが当たり前になっていました。

このキャラ可愛い!このキャラカッコイイ!この場面綺麗!このシナリオよく練ってある、凄い!

苦手な絵柄のものも食わず嫌いせず見てみると面白い事面白い事。

正直絵を描かなくなってから無意味で無気力な毎日だったのですが、週1のアニメを見るのが楽しみになって元気が出ました(^^;



SNSで可愛い絵を描いていたあの人とは今でもフレンドです。

お絵描き専門のSNSではなかったのですが、お絵描き好きが何人もいて、誰もリアルなデッサン、真面目なポスターなどアップしたりせず自分の好きなイラストを好きなように描いてましたから、今まで世間体を気にして隠していた漫画絵を隠す必要がなくなったのです。

現実世界で体当たりで同じ趣味の人を探すのは大変ですが、ネットならこんなにすぐ共通の趣味を持つ人達と知り合えるとは!

ネットを始めてたくさんの楽しんで絵を描いている人達の存在を知りました。

皆自分の作品を愛して可愛がって想いを込めて、「これが最高だー!」となんの迷いもなく披露していました。


震えて涙ぐむぐらい嬉しい光景が広がっていました。

何も他人の目を気にしてコソコソ隠す必要も無い、好きなものを好きと表現できる場がいくつも存在している!

大体漫画絵は日本の誇る文化なんです。

世界がルネサンスに代表されるどこまでもリアルな描写を追及していた時、日本は浮世絵ですよ。独自の文化過ぎます。どこからそんな発想出てくるんですか、凄過ぎます。

最近は中国・韓国のイラストレーターの方も漫画っぽいイラストを描く人が増えましたが、やはりどこか写実的で、日本のようにデフォルメされたイラストはなかなかありません。
(個人的感想です。中韓の方の骨格の理解レベルはかなり高いです。)


オタクがなんですか!

好きなものを好きと、生き生き表現出来る事のなんと素晴らしい事!

胸を張っていいんです。

好きなもの、夢中になれるものがあるってとっても羨ましい事なんです。

他人に遠慮して自分を潰したら私のように灰色の人生を歩む事になります。

何も大っぴらにしなくとも、今はネットがあるので表現の場はいくらでもあります。


好きな事はやっぱり好きなんです。

憎むまでになっていた絵に対する想いも、やっぱり根本は好きな気持ちだったんです。



楽しく絵を描きましょう。

疲れたら休んで、絵を描く事を嫌いにならないで。

楽しく絵が描けるよう、有用な情報はどんどん吸収して上手くなっていきましょう。

このサイトが皆さんのお絵描きライフを少しでもお手伝い出来たら幸いです。


posted by うろ at 00:00 | Comment(25) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月22日

TOP画像作成中

少々更新が滞っております。

書きたいコンテンツはまだまだあるけれど、せめてブログタイトル部分のTOP画像を作ろうと(;;

今のTOP画像は以前撮った桜の写真を加工したものだけど、やっぱりここは絵じゃないと!

33.jpg

制作途中、白目が怖い:((´゙゚'ω゚')):

このブログのマスコット的な子を作ろうと思いまして、普通の可愛い子じゃ面白くないから、

・でこっぱち
・でか耳
・垂れ目
・麻呂眉
・癖っ毛ツイン


+小麦色の肌&ピンク髪は個人的なツボ(*´ω`*)

なんだけど、色は気の赴くままに塗ろうと思います!

画像はただの下塗り段階なので変更は後からいくらでも出来る。

背景が緑まみれなのは、真っ白い画面をずっと見つめてると眩しくて目が痛くなるから(;;

緑は目に良いような気がするので…あと塗り残しが分かりやすい。


いくつか描いてランダムで出るようにしたいな(><


タグ:日記
posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月16日

とほほなパソコン購入失敗談

とりあえずは「デジタルで描く」のパソコンについてのお話はこれで終わり。

今後またお絵描きに適したオススメのハード・ソフトが出れば更新しようと思います。

お絵描き初心者はもとよりパソコン初心者にも分かるように書こうとしたらついつい長い文章になってしまいました(´`;

お役に立てれば幸い!



内容は私自身の体験、知り合いの体験、ネットの評判を基にしています。

BTOパソコンショップ紹介初心者オススメ度の基準にした事は、商品の品質サポートの質です。

特に初心者にとってサポートが良いか悪いかは死活問題です。



私の初代PCは今は亡きSOTEC

当時のスペックは今と比べたらゴミみたいなものだけど、それでも線画をスキャンして、何度もフリーズさせながらPhotoshopを使ってマウスで絵を描いてました。

10年は経ってると思うんですが、実は今でも動くこのPC・・・でも使い物になりません。

ギリでネットが動くかどうかの骨董品(;;



2005年、知り合いにBTOショップ(D社)でゲームも出来るPCを見繕ってもらい2代目購入。

ちなみにこの時点の私はPC初心者もいいとこでした。

2代目を購入した3ヵ月後、そのPCでゲームをやっていたところ突如としてブルークスリーン(ブルスク)発生。

今思うにあれは電源容量不足が原因の不具合でした。

元から電源容量が足りない構成だったのです。

が、PC初心者がそれに気付くはずもなく・・・(;;


1年間の基本保証期間内だったので無料で修理をしてもらえましたが、サポートからの途中経過をお知らせする電話はなかなかアレなものでした。

電話越しに専門用語を連発される為初心者には内容がよく理解出来ず、最初から雑な感じだったサポートの人の話し方はどんどんエスカレートして明らかに怒ってイライラしているのが伝わってきました。

専門用語だけで焦っているところにイライラをぶつけるような対応をされ、正直結構こたえました(´`;


まあ当時はPCに詳しくなければBTOは使うなというレベルでしたから仕方ないところもありますが。

現在はあまりPCに詳しくない人も手軽に注文出来るように、懇切丁寧なサポートを心がけたり、初心者向けの解説ページを作っているBTOショップもあるので、良いお店を選べば安心していいと思います。



2代目が修理から返ってきて、次の年の夏

購入から1年半経った頃でした。


また突然のブルスク、そして強制終了

それから電源を入れ直しても、すぐまた強制終了してしまう。

PCの蓋を開け、中を覗いてみると、

46.jpg

グラフィックボードについている扇風機(ファン)が斜めになっているのが分かると思います。

熱でファンの支柱が折れ、ファンが全く回らない状態になっていたのです。


折れるまでは早々いかないとおもいますが(笑)、夏場はPCが熱くなり熱暴走を起こしてブルスク強制終了はありがちなトラブルです。

ゲームをするなら尚の事!

回避策は質の良いファンをつけたり、PCの蓋を開けて横から扇風機を当てたり、ファンコントロールソフトを導入したり、こまめにPC内の埃を取って掃除したり、エアフローの良いケースにしたり、エアコンが効いていないなら夏場の昼間はPCをつけないようにするなど。



今でなら原因も回避策もそこそこ分かりますが、あの頃は全然で・・・、しかも購入から1年を過ぎていたので基本保証が受けられません。

このまま修理に出すと何万と取られてしまうので、スペックUPもかねて新PCを購入する事に。



2007年、またまたD社でゲーム用パソコンの3代目を購入。

何故またD社かと言うと、他にどんなBTOショップがあるのか知らなかったのもあるし、サイトでお勧め商品が分かりやすかったんですよね。

分かりやすいものに惹かれる、知らないところは怖くて手が出せない、自信の無い初心者にはありがちかと。


でも今度はちょっと成長して、評判の良いグラボと、電源の容量もちゃんとアップさせて注文したんですよ!


そしてそれから2年目2009年、PCが起動しなくなった。

2代目PCでPC音痴はデフォルトの基本保証1年のみではアカン!と学習し、今度は延長3年保証をつけていたのでセーフ!

無料修理してもらえました。

どうやらHDDのSATAケーブルが接続不良だった模様。



修理から返ってきて無事起動するようにはなったのですが・・・返ってきてからしばらくして、電源付近からブンブンブンブンブンブンブンブブブブブブブブブブブブ!!ととんでもない轟音がするようになりました(;;

PCが止まってしまう、という事は無かったんですが、音が大きくて怖くて、もう何事かと。

サポートに連絡しても、接続が悪いとか電圧が安定してないとか周辺機器が原因だとか言われて、出来る事は全て試してみたけど改善せず。


どうやら電源ファンの軸がずれたようで。

しかし必ず轟音がするというわけではなく、鳴る時と鳴らない時があり、何故か寒いと高確率で轟音がするというよく分からない状態に。

修理に出したとしても不具合の再現性が取れなければ「異常無し」として返されてしまうので修理に出すまではいかず。


あと夏を越える為にZALMAN製の立派なファンをグラフィックボードに取り付けていたので修理に出す事が出来なかった(パーツを増設していると保証対象外になる場合がある)。

おかげで夏はグラボの温度が上がらず無事に乗り越えられましたが。



そのまま延長保障期間の3年が過ぎ、2011年、いい加減電源の轟音も怖いので4代目PCを購入する事に。

3代目PCはまだ問題なく動いていた為サブPCに。

4代目を購入し数ヶ月経った頃、3代目から電源の異常を知らせるビープ音が鳴り出し不安定になった為、グラボの壊れた2代目の電源を引っこ抜き、3代目の電源と入れ替えたので今も3代目は現役です。(電源容量が微妙なのであまり負荷はかけられませんが)



4代目を購入する時はD社と別のBTOショップで構成の候補を挙げていました。

しかしPCに詳しい友人に見せると「電源容量は足りていても質が悪い。このマザボ(マザーボード)の質も良くない」とバッサリ。

今まで製品名だけ気にして調べていたけど、メーカーによってパーツの安定性や品質などに細かいけど重要な違いがあると。


その友人と相談し、最終的になかなか品質の良いパーツを取り扱っているというT社のPCに決定しました。

パーツの事もなんとなく分かったつもりでしたが、メーカーによる品質の違いまでは気付きませんでした。



そこまで調べてもらい、5年保証にも入った4代目PCはもう安泰だ!と思っていたら、その直後、

Intel 6シリーズチップセットに不具合。Intel,出荷を停止しリコールへ

最新チップセットにまさかの不具合発生、販売期間たったの1カ月、そこにどんぴしゃぶち当たった私の4代目PC・・・orz (とてもレアケースだそうです)

それから2ヵ月後、ようやくMyPCの回収交換の順番が回ってきて、現在は正常なチップセットです(´`;



知り合いはDE社で購入したPCを修理に出したら「パーツの在庫が無いから」と中国の山奥までパーツを取りに行かれ、1カ月ほど待っても修理が終わらないので催促したら、ようやく帰ってきたと。

サポートセンターもカタコトだそうな(="=;





PCは絶対壊れるものですから、初心者は延長保証に入りましょう。

あとはサポートが良いところを選びましょう。

サポートがダントツに良いのはエプソンダイレクトで間違いないです(1日修理や初心者にも親切丁寧な対応)。

しかし何分高いし、欲しいパーツが搭載されてなかったりするのが悩みどころなんですがね。



皆様のパソコンの健康を願って、以上、とほほなパソコン日記でした!


posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月30日

明日から違法DL刑罰化!画像DLは?

2012年10月1日から違法ダウンロードの刑罰化が施行されます。

違反した場合は、

2年以下の懲役、もしくは200万円以下の罰金 + 前科がつく

というなかなか恐ろしいものです。



この法律かなり曖昧で、話題に上るようになった当初は「画像をDLしても逮捕だ」「ネットを見たら一時キャッシュに画像や動画がDLされてしまうのだから、ネットを使う人は全員法律違反だ」とネットユーザーからの戸惑いと不満爆発でしたが、文化庁の公式解釈によるとどうもそうではない様子。


現時点でこの法律は音楽と動画に限られたもので、絵を描く資料にネットから画像をDLする事は罰則の対象になりません

もちろん他人が描いたイラストや写真を無断でアップロードする行為は違法です。



文化庁見解


有料で販売されている音楽・動画・映画をネットからダウンロードする事は違法で刑罰対象。
(単にテレビで無料放送されている番組は刑罰の対象外。)

無断掲載された海賊版を見たり聞いたりすることは違法ではなく、刑罰の対象外

友達からメールで送られてきた海賊版の音楽や映画を自分のパソコンにコピーする行為は違法ではない。
(違法ダウンロードの「ダウンロード」とは、ホームページ上にあるものをインターネットを通じてダウンロードする事です。)

個人で楽しむためにホームページ上にある写真や漫画を自分のパソコンにコピーする行為は違法ではない。
(違法ダウンロードの「ダウンロード」とは、音楽のように録音することや、映画のように録画することをいいます。写真や漫画を自分が見るためにパソコンにコピーする事は録音や録画に当たりません。)




・・・突っ込みどころ満載ですが、現時点では「違法アップロードされた音楽・動画を違法アップロードされたものであると知りながらDLした場合」が刑罰の対象のよう。

また親告罪の為、権利者側の被害届と違法にDLされたという具体的な証拠が必要になります。



これだけなら注意すればいいものですが、改正法では「リッピング」も違法行為として規制されます。

リッピングとは、レンタルや自分で購入したCD・DVDのデータをパソコンや携帯プレイヤーに取り込む事。

今のところ全てのCDが対象というわけではなく、CCCD(コピーコントロールCD)などのコピーガードを回避してリッピングする行為が違法となります。

自分が買ったCDを自分が聞く目的でパソコンや携帯プレイヤーにDLしてもアウトという(´ω`;





…とにかく皆様も気をつけましょうね。

画像はOKです!



参考
違法ダウンロードの刑事罰化についてのQ&A
違法ダウンロード法(禁止法)まとめWiki
【直前対策】違法ダウンロード刑事罰化に関するまとめ(その1)


タグ:日記
posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする