2012年07月30日

ポーズに困ったら

POSEMANIACS(ポーズマニアックス)
http://www.posemaniacs.com/blog/

1.jpg

3Dモデル資料
Flashアプリによるポーズ集。デッサンやスケッチ、同人誌や漫画の資料などに使用可能。
有名な3Dモデルを使ったサイトでポーズの数は1000を超える。筋肉モデル仕様。
マウスドラッグ(クリックを押したまま移動)でモデルの横回転が可能。



キャラポ3D
http://charapo3d.web.fc2.com/

2.jpg

3Dモデル資料
男性、女性、筋肉質、アニメモデルのポーズ集。
マウスドラッグで360度視点を動かす事が可能で、アングルはほぼ無限。
ポーズ数は34種(12/07/30現在)だが今後も追加予定。



MikuMikuDance
http://www.geocities.jp/higuchuu4/

3.jpg

3DCGソフトウェア
3Dモデルを操作しアニメーションを作成するフリーウェア。
デフォルトで用意されているモデルの他、他のユーザーが公開している多種多様なモデルが存在する。
モデルにポーズを取らせ、カメラアングルを自由に動かしたり光源を設定する事が出来るので、絵の資料としても重宝する。



デザインドール
http://terawell.net/

4.jpg

3DCGソフトウェア
デッサン人形として開発されたソフトウェア。体験版とライセンス版が存在する。
自分だけの頭身・体型の3Dモデルを制作する事が出来、比較的簡単にポーズをつける事が出来る。
カメラアングルの調整や光源設定、複数体並べて操作する事も可能。
体験版では1度作ったモデルを再度読み込んで編集し直す事は出来ない。



ハイパーアングルポーズ集 vol.2 shape of men



書籍・写真
ジョジョの作者、漫画家荒木飛呂彦先生推薦の男性ポーズ集。
普段見る事の出来ない「真上」「真下」からの写真も含め360度からのパースの効いた迫力あるポーズが揃っている。
陰影を強調した写真で美しい筋肉の構造や動きが分かりやすい。



描ける! 銃&ナイフ格闘ポーズ スタイル図鑑



書籍・イラスト・写真
銃やナイフなどを360度方向から撮影した写真で様々な格闘シーンの描写をサポート。
武器を扱うキャラクターを描く上で武器の持ち方がおかしいと絵の説得力は欠けるもの。
正しい武器の持ち方から扱い方、現実的ではないがイラスト映えする格好良いポーズなど、初心者には有難い本。


posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | お役立ち情報紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月01日

人間を描くなら

人を描くのって楽しいね
http://www.asahi-net.or.jp/~zm5s-nkmr/index.html

5.jpg

講座
通称「hitokaku」。
鉛筆によるデッサンが基本で、丸や線の描き方に始まり、顔のパーツ、色々な手の表情、体のパーツの描き方まで丁寧に解説。
1歩1歩勉強していく事が出来る。



マッスル講座

http://kitasite.web.fc2.com/cgkoza/muscle.htm

6.jpg

講座
体の描き方、筋肉の描き方を掲載。GIFアニメによる色分けされた筋肉動画で細かな動きもバッチリ。
筋肉を知る事でデッサンが狂わなくなり、強さや色気を表現するのにとても有効。
筋肉の種類が多い上半身の講座が中心で、イラストだけでなく実写の資料も用意されている。



萌える絵の描きかた教えてくれ ぷちまとめ
http://www.moee.org/index.shtml

7.jpg

漫画・講座・添削
2ちゃんねるにあるニュース速報VIP板の「萌える絵の描き方教えてくれ」スレのまとめサイト。
人体の基本的な比率から、「萌え」イラストを描く為のポイントまで解説されている。



TEAMLAB BODY
http://www.teamlabbody.com/3dnote-jp/

8.jpg

3D資料
大阪大学運動器バイオマテリアル研究室の整形外科医師の監修の元開発された、骨格・筋肉を中心とした人体解剖に関するサイト。
「生きた人間の動き」を筋肉の収縮まで3Dモーショングラフィックスで精巧に表現、自由な角度・倍率で見る事が出来る。
閲覧する為にはウェブブラウザー向けプレーヤー「Unity Web Player」のインストールが必要となる。
現在はアプリでの配信。



やさしい人物画(A・ルーミス)



書籍・デッサン
人物を描く上でオススメされる代表的な一冊。
初心者向けとされるが全く絵を描いたことが無い人にとっては内容が「やさしい」わけではない。
絵を描いた事があり、思うように描けないという経験がある人にはとても参考になる本。
本気で絵の道を志す人達に絵を描く上で必要な知識を丁寧に教えてくれている。



人体のデッサン技法(ジャック・ハム)



書籍・デッサン
A・ルーミスの「やさしい人物画」と並び評価の高い1冊。
昭和50年代に発行されたものでモデルは外国人、髪型も古い印象があるが、人体のパーツを描く上でのポイントや多数の解説イラストがあり、資料としての価値も高くいつまでも色褪せない。
情報量が多く、鼻ひとつとっても色々な鼻の描き方が載っており、また簡略化したイラストも並んでいるので、イラストや漫画のキャラクターの描き分けにも役に立つ事だろう。



スーパーマンガデッサン



書籍・デッサン
ルーミスやハムのように本格的なデッサン本ではなく、限られた時間の中で大量に高品質のものを描く為の知識やコツを得る事が出来る。
必要最低限の線で形や立体感を表現する教本として漫画・イラストに打って付けの内容。
体の構造についてはもちろん、躍動感のあるポーズや、人物の描き分け、デフォルメについても解説されている。
キャラクターを描きたい人にはオススメの1冊。


posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | お役立ち情報紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月03日

配色で悩んだ時に

色彩センスのいらない配色講座
http://www.slideshare.net/marippe/ss-9003317

9.jpg

講座・デザイン
画面下の三角印を押してページを進めます。
前半は色についての基本的な知識講座、後半はバランスの良い配色比率と色選びのポイントを実在の資料を基に分かりやすく解説されています。



色カラー
http://iro-color.com/

10.jpg

知識・情報
言葉からイメージする配色や、色にまつわる話、色が与える心理効果など色に関する様々な情報が載っているサイト。
色の用語辞典からWebデザインの話まで幅広い情報があります。



ColoRotate(海外サイト)
http://www.colorotate.org/

11.jpg

配色・3D
下側の配色一覧を選ぶとその色がどの位置にあるのか3D色立体で確認出来る。
色相・明度・彩度の知識があると分かりやすく、ドラッグしたままぐるぐるすると楽しい。
他のユーザーが作った配色を検索したり、自分で作ったお気に入りの配色を登録・共有する事が出来る。



kuler(海外サイト)
http://kuler.adobe.com/

12.jpg

配色・2D
配色パターンを検索・作成・公開が出来るサイト。photoshopで有名なAdobeが提供している。
左側メニューの「Most Popular」→「Highest rated」を見ると人気のパターンを見る事が出来る。
また「Create」→「From a Color」から「Select a Rule」を選び、配色パターンのカスタマイズも可能。



Color Scheme Designer(海外サイト)
http://colorschemedesigner.com/

13.jpg

配色・2D
選んだキーカラーと相性の良い配色パターンを自動で選択してくれるサイト。
左上のモードを変えるだけで異なった配色パターンをプレビュー出来、とても分かりやすい。
右下の「Hide sample text」を押せばテキストが載った状態、その下の「Light page」「Dark page」を押せばその配色でサイトを作った場合のサンプル、またサンプル自体のキーカラーを変更したものまで見る事が出来る親切で便利なサイト。



色の知識―名画の色・歴史の色・国の色



書籍・知識
人類が色を用いはじめた起源にまで遡り、美術・デザイン様式に見られる色の変遷カラーパレットと詳細なテキストで分かりやすく、親しみやすく紹介。
西洋絵画の巨匠たちが好んで使用したカラーパレットや、西洋を中心とした世界30カ国の色彩風景、さらには、建築物や陶磁器に由来する色名などを広範囲にわたり採集。
目に見える具体的な「色名」で表した画期的な「カラー事典」です。



カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~



書籍・知識
光の描き方、色の歴史と性質、巨匠たちの色使い、人間の視覚などの理論からはじまり、さまざまな効果をもたらす配色方法、光と色の相互作用などの具体例が豊富に解説されています。
全編カラーで情報量も多く、実際のイラストを元に何故こういう色合いになるのかを分かりやすくしっかり解説されており、その知識を生かし自分の絵をより魅力的なものにする事が可能です。
著者ジェームス・ガーニー氏は人気絵本「ダイノトピア」シリーズの作者として知られるイラストレーター。


posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | お役立ち情報紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月14日

髪型カタログ

ビューティーBOX
http://www.beauty-box.jp/

22.jpg

ヘアカタログ
髪の長さや顔の形、クセの有無などチェックをつけて髪型検索が出来る。
今風のアレンジ方法も紹介されている。




Beauty-Navi

http://hairstyle.woman.excite.co.jp/

23.jpg


ヘアカタログ
トップページにある「長さで探す」欄の下の「検索条件を追加」を押せばイメージやカラー検索が出来るようになる。
最新の週間人気ヘアスタイルランキングも見る事が出来る。



MELANGE
http://www.e-melange.com/

24.jpg

ヘアカタログ
メニュー→ヘアスタイル。これからも随時更新。
ショートヘア、ミディアムヘア、ロングヘア、メンズヘアのカテゴリに分かれている。



TwinTail Project Japan 日本ツインテール化計画
http://twintail-japan.com/

32.jpg

ツインテール促進
日本ツインテール協会によるツインテールの魅力紹介サイト。
TOPページのリンクから様々なツインテール女性の写真を見る事が出来る。
毎週更新のツインテール美女スナップや人気サロンとコラボしたヘアアレンジ紹介など。



《 ◎少年漫画の主人公などは現実離れした髪型の方が個性をつけられる場合がある◎ 》


posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | お役立ち情報紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月15日

お絵描きコミュニティサイト

pixiv
http://www.pixiv.net/

25.jpg


イラスト・漫画・小説
国内最大のイラストコミュニケーションサイト。自由に閲覧する為にはユーザー登録が必要。
レベルの高いユーザーも多く、他の人のイラストを見て感性を刺激するにも最適なサイト。
またとても役立つイラストメイキングや講座、フリー素材の投稿作品も多数存在する。
しかし人口が多いが故の人気取り合戦や妬みによるトラブルも後を絶たない。



TINAMI

http://www.tinami.com/

27.jpg

イラスト・漫画・モデル・小説・コスプレ
ユーザー数はpixivに及ばないがpixivとは違う特殊なジャンルが存在しており、より強くユーザー同士のコミュニティを支援している。
「アドバイス」カテゴリでは他ユーザーから自分の投稿作品への意見を求める事が出来る。
よほど有名か完成度が高くないとコメントがつかないpixivと違い、交流が取りやすいと言える。



ニコニコ静画
http://seiga.nicovideo.jp/

28.jpg

イラスト・漫画・電子書籍
動画投稿サイト「ニコニコ動画」から生まれたイラスト投稿サイト。
ニコニコの特性上投稿コメントに投稿者の名前が表示されないので気軽にコメントしやすい。
しかしそれ故心無いコメントも簡単に出来てしまい、ネットスラング的な内容のコメントも多々ある為、ネットに慣れていない人にはオススメしない。



手書きブログ
http://tegaki.pipa.jp/

29.jpg

ブログ・イラスト
イラストはもちろん日記の文字にいたるまで手書き出来るブログサービス。
キーボードからのテキスト入力機能はなく、ほとんどの部分が手書きの為ユーザーごとに味のあるブログに仕上がっている。
コメント欄も手書きで、1つ目のコメントに上半身、2つ目のコメントに下半身を描いてみたり、4コマ漫画のようにコメント欄を使って漫画を描くユーザーもいて、使い方は遊び心次第で自由自在。



CGHUB(海外サイト)
http://cghub.com/

30.jpg

SNS・海外
海外のTOPレベルアーティストが多数登録しているイラストSNS。
日本の流行とは違う路線だが、文句無しのプロの実力派イラストレーターやゲームクリエイターの作品が閲覧出来るので、新たな刺激を受けたり、勉強の為にも見ておいて損はない。
閲覧は自由。投稿には登録が必要。



deviantART(海外サイト)
http://www.deviantart.com/

31.jpg

SNS・海外
deviantART社が運営するあらゆるジャンルの芸術家のためのインターネットコミュニティ。
利用者は1450万人を超え、1日あたりの新規投稿は14万本。
決められたテーマに沿ったコンテストが盛んに行われている。
また気に入った作品をグッズなどに印刷して売ってもらう事も出来る。作品が売れれば作者は1割の歩合を得られる。
閲覧は自由。コメントや作品の投稿にはユーザー登録が必要。



《◎SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは
・・・インターネット上で人と人とのコミュニケーションを促進、サポートするサービスの事である◎ 》



posted by うろ at 00:00 | Comment(0) | お役立ち情報紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする